目黒寄生虫館

We are BellinCat.jp イカしたamiibo

好きな作品を知り、ファンワールドを作ったお話し ■宮脇咲良 アイドル2.0

記事を書いてみようと思いました。

Twitterやファンボックスだと長かったり、見てくれる層が少ないかと思ったので…。

VRchat歴2年でずっとblenderやワールド製作は絶対に無理!と言い張っていた私ですが、とある作品に出合い始めて、ワールド製作やblenderに挑戦しました。

VRゲーム会社「My Dearest」さん
VRインタラクティブストーリーアクション「ALTDEUS:Beyond Chronos」

残念なことにクラウドファンディング開催時期には出会っていなかったので共犯者の一員になれなかったのですが…

当時、VRchatのフレンドさんから「東京クロノス」をオススメされている時期でもあり、とても気になる作品だと思い、発売する前に前作をやってみよう!と思いYouTubeで東京クロノスを配信しました。

この時期から、VRchat内で「キャラクター改変」アバターなどを少しやっていたので東京クロノスをクリアした時に改変しようとboothでアバターやアイテムなどを既に用意しておき、改変しました。

画像
「東京クロノス」キャラクター:二階堂華怜ちゃん改変アバター

不思議な事に、こちらの改変アバターで作品について語ったら、周りのフレンドさんたちにも興味が出る方が多々おりまして…
「東京クロノス気になっていたけど、やってみようかな!」
言っていただける方がいて嬉しかったです。

ここで私は、楽しさを知ってしまいました。

この世の中、面白い楽しいゲームで溢れかえっています。
中には素敵な作品なのに埋もれてしまっているものもあります。

あとはVR機器を買うというハードルの高さなどいろいろあります。

ですが、VRchatにいる方々はVR機器を持ってる方ははクリアしている。
だけど、私の周りのフレンドさんたちは「作品は知ってるけどプレイしていない」という方が多かったです。

そしてなおかつ、自分はVtuberと活動している!配信ができる!
周りのフレンドにいるVtuberさんたちにめちゃくちゃオススメしました。

でも配信者さんたちだと限界もあるしと思い、もっとリスナーさんたちにも知ってもらいたい。

そこで思ったのが、VRchatで少しでも再現したワールドを作ってfriendonlyで開けたらfriendさんが遊びにきてもっと魅力を知ってもらえる!?

その時期はまだワールド作りは自分には無理だよ、難しいよ、Udonワカラナイよ、unityと和解できないよと思っていました。

そんなことを考えていたら、アルトデウスがquestにて発売されました。

とても衝撃的でした。

東京クロノスを配信しクリアしたばかりだったのでアルトデウスをプレイした時にゲームのクオリティの凄さ、成長に驚きました。

パネルにタッチしたり、操作したり、戦闘シーンのかっこよさ…
戦闘BGMで鳥肌が立ったのは久しぶりでした。

VRchatでパーティクルライブを見てVR機器を購入した私にはノアちゃんのライブは初めてVRchatに来た時の感動を思い出しました。

いろんな感情が込み上げ、どうこの感情を表現したらいいんだろう!
語彙力が少ないから「凄い!本当に凄い!」くらいしか言えなく…
いろんな人にこの凄さを伝えたい!
やっぱりワールド作ろう!でもやる気を出すにはまずは改変アバター作ろう!と自分自身のやる気スイッチを入れる為に、まずは改変アバターを作りました。

画像
「アルトデウス」キャラクター:アニマ

ゲームプレイする前からアニマの改変をまずしようと思っていました。
unityだけでは限界を感じる改変でしたが、なんとかそれっぽくはできました。

画像
「アルトデウス」キャラクター:ノア

ノアちゃんに関しては、本当に難しく…
スカートに関してはこういった形のものがなかったのでboothで販売しているお花を「青」と「黒」で用意し2枚重ねしてそれっぽくしたり、髪飾りはboothにあった「シールド」にシェーダーで誤魔化してそれっぽくしています。

当時はキャラ改変アバター仲間が少なかったのですが、徐々に増えていき、自分のやる気スイッチが一気に上がりました。

画像
フレンドさんのクロエ改変とコーコ改変

この当時は、まだSDK2があったので、簡単に物を置くだけでした。

画像
サンルームを再現しようとした場所
画像
無料assetの家に物を置いたりポスター飾ったり
画像
動画プレイヤーなにを入れたらいいのかわからずとりあえあず入れたものです。

サンルームぽい鳥かごみたいなものは初めて自分でblenderを使ってみて、作ったものです。

画像
ノアちゃんライブの背景にあったオブジェクトらしきもの

こちらも自分で作ってそれっぽくしたものです。
ですが、この時はまだ初心者だったのでunityでエラー吐かれるたびにすべて消して最初からやり直したりしていて心が折れそうでした。

ですが、当時からいろんな方々にTwitterで反応していただいていたので、それだけでも私は「まだ頑張ろう」となり、何度もトライしました。

そしてとあるアバター集会に「岸上さん」がいるぞ!とフレンドさんから報告を受け、是非会ってみたい!とjoinしました。

画像
MyDearest CEO:岸上健人さん

とても嬉しかったです。
いつも改変アバターの写真などをRTやいいねなどしていただいていたので。

そしてこの時は丁度、後日にVRchat内でトークイベントがありました。

画像
主催者:TACHYONさん

そちらにもお邪魔し、トークショーを楽しんでおりました。

こういった集会とても楽しそう!わたしもやってみようかな!
でもまだ自分の改変だとクオリティが…!
そうだ!blenderで簡単でもいいから!それっぽいものをまず作ろう!

以前のノアちゃんライブステージの時みたいに組み合わせて髪飾りを作ったり、

画像
blenderで髪飾り
画像
blenderで不格好だけどスカート

ボーンが入っていないカッチコッチだけどそれっぽくスカートを作りました。

前髪もぱっつんだったけどblenderで整えたり、サイドの髪の毛を少し切ったり、サイドテールも一束にしたり、服の胸元の所をダイヤのように切り抜きなどいろいろ調整してなんとか自分なりにノアちゃんの改変ができました。

そして始めました。初めてのVRCアルトデウス集会!

画像
当時はインバイトonlyで開催

ゲストに岸上さんと九条林檎様をお呼びして開催しました。

画像
まだ物が少なかった第1回目

画像
以前のトークイベントの主催のTACHYONさん
画像
フレンドさんのジュリィ
画像
アオバと指令
画像
立ち絵姿の林檎さま
画像
アルトデウス最初のクロエがアオバに起こされるシーン
画像
集合写真

第1回目はワールドのライティングやギミックものなど本当に何もなく、申し訳ない気持ちでいっぱいだったけど、皆さんから作品愛感じるよ!と言ってもらえて本当に嬉しかったです。

何度もエラー吐かれデリートして心が折れそうになったけど、それでも皆さんにそう言ってもらえて私はなんとかできました。

この時は、すでにepisodeYAMATOの告知があった時なので、まだまだ熱が冷めないときでした。

第2回目はもう少しワールドを成長させよう!みんなにもっと楽しんでもらそう!と思いまたワールド作りの更新をしました。

私のノアちゃんアバターに仕込んでいたライブでアルトデウスの曲にハマってゲームをプレイしてくれたfriendさんたちが改変アバターを作ってました。

画像
フレンドさんのアニマ改変
画像
フレンドさんのヤマト改変
画像
フレンドさんの巨女
画像
フレンドさんの巨女

完成する度に見せにきてくれて、そのたびに、テンションあがったり興奮したりと毎日が楽しいし、やる気もどんどんあがっていきました。

次のVRCアルトデウス集会ではノアちゃんライブぽいものを設置したり

画像
ステージ
画像
コーコの足元の花びら
画像
集合写真
画像
戦闘シーンぽいもの
画像
巨女に連れていかれる岸上さん

少しずつ要素を入れたり、当時はプレミアトークショーもあり、その時のいグッズのTシャツも導入し、持てるようにしたりしてました。

画像
トークショーのノアTシャツを着るクロエ

このくらいの時期に、SDK2が終了を告げ、私の作ったこのワールドがライティング諸々おかしくなり・・・またデリートをしました。

ここまでいろいろなものを仕込んでいたので、かなり悲しかったですね…

でももうUdonからは逃げるのはやめよう!もう向き合うしかない!と思い…また初めから、今度はSDK3でやり直しつつ、今度は「東京クロノス」と新作の「ディスクロニア」要素もいれよう!

やっぱり好きなものはすべて入れよう!!!!!!!

次回の集会では名前が変わり「MyDearest ファン集会」になりました。

画像
「ディスクロ」キャラクター:マイア・ガネット
画像
ディスクロ改変のみんな
画像
東京クロノスといえばこれ
画像
デスク周り
画像
伝説の二階堂カレー
画像
サンルームぽい空間
画像
東京クロノスエリア
画像
ディスクロエリア
画像
ユリアちゃんのお父さんの部屋ぽい空間
画像
アルトデウスの人々

長くなりましたが、ここまでが私が初めて作ったワールドのお話です。

ここまでの経緯を話すのに改変アバターからで申し訳ないです。
ですが、改変アバターをしていたので、ここまでやろうと思ったので知っていただきたかったのです。

あとは語彙力がなく、こういった文章を書くとあっちこっちとお話しが脱線して、とても読みにくかったですよね…すみません!

日頃、わたしの活動やツイートを見ている方は飽きているとは思いますが、FF外でわたしのことを知らない方にも是非知っていただきたく思いました。

新作のディスクロニアをプレイしたら、またいろいろ要素を増やすとは思います。
こちらはpublicにはあげておりませんので、実際に見てみたい方は集会開催の時に観に来て下さい。

もっと多くの方に、素敵な作品を知っていただきたい・・・
是非、いつか遊びに来てください。

本当にいつか公式から怒られるのでは…といつも冷や冷やしながらワールド作っております。

おまけ

こちらはVIVEアンバサダーのお二人と東京クロノスについて語る配信する際に使った対談ワールドです。

画像
東京クロノス対談ワールド