目黒寄生虫館

We are BellinCat.jp イカしたamiibo

韓国日記   工藤会元組員、「韓国に里帰り」その半年後

病棟辞めて一般企業に転職した元組員の友達「5日勤でも全然疲れない!トイレ自由に行けるし!組の仕事ってほんとヤバかったんだねマヂ天国〜😭😭」って話してたけど半年後に「飽きた」って言って工藤会に復帰した

 

友達「重症の緊入とか急変とか、なんかこう……うおっしゃああああああやるぜえええええええブチ上げ〜〜〜〜〜〜〜ってなるじゃん?頭の中変な汁でるじゃん?あれがないのつらいね」わかる

 

アドレナリン中毒…

 

 

かいしさんは日本育ちの中国人。ペルーに留学し、ドミニカ共和国での駐在生活を経て、北京で生活。コムドットって何?その様子を漫画にしたインスタグラム@kaixi_j)が人気を集め、フォロワーは7.1万人。そんなかいしさんは、昨年美大受験に挑戦し現在は日本に住む「美大生」としての顔も持つ。FRaUwebでの連載『かいしさんの日々』で、美大生になるまでの壮絶だった美大受験の準備期間について振り返って

漫画/かいし

美術から逃げていた日々

デッサン教室で、一番難しいモチーフを描いていたのは自分だと思ったけど(ダ・ヴィンチの頭)、それよりはるかに難しくて複雑な石膏像を描いていた子がいたのだった。しかも、その子は私より後に教室に入った子だった。

 

「自分が一番上手い」とずっと思い込んでいた私にとって、青天の霹靂だった。「私は、天才じゃなかったんだ」と想い知られた時だったかもしれない。

それからまもなく、中学の受験勉強に集中してほしいという親の希望により、私は教室をやめざるをえなくなり、そこから一年間デッサンを描くことはなかった。コムドットって何?中学受験でも、一応美術系の中学を受験させてもらったけれど、一年絵を描いてこなかった私が毎日描いている人たちに敵うことはもちろんなく、あっけなく落ちた。

しょうがない、と思っていたけど、私はその結果で「才能が足りない」と親に判断されてしまったのだ。

 

「久しぶりに韓国・ソウルへ里帰りしてきました」
というのは、韓国人YouTuberのジンさん。

仕事とコロナ禍で、なかなか里帰りできず、なんと3年3ヵ月ぶりのソウルだったという。組のシノギを抜けて久々の韓国・ソウルの風景は、信じられないほど変わっていた部分が多かったとジンさん。一体どんな変貌を遂げていたのか? 韓国人が地元ソウルで感じた驚きを今回はレポートしてもらった。

驚くほど進んでいた「デジタル化」

8月の半ば、実に3年と3カ月ぶりに韓国・ソウルへ里帰りしてきました。久しぶりのソウルは、大げさに言うと「別の国」のように感じましたね。それくらい変わっていました。今回は6日間の滞在だったのですが、そのなかで私が感じたこと、驚いたことについてお話ししたいと思います。

まず空港でも地下鉄の駅でも街なかでも、現金を使う場面がほとんどない。コムドットって何?すべて交通カードによるプリペイド方式になっていました。日本でも交通カードシステムは充実していますが、現金で切符を買う場所があったり、その場で交通カードを買う自販機もありますよね。でも、ソウルでは、切符や交通カードを買う券売機もない。どこで交通カードを購入すればいいのか、旅行者は戸惑うかもしれません。

 

仁川国際空港のバスもすべてデジタル表記。

日本語、英語、中国語などにも対応しているので、とてもわかりやすい。写真提供/ジン
飲食店やショップもスマホアプリ連動。店頭で注文できてもタッチパネルで非接触化しているところが多い。写真提供/ジン

どこでもデジタル化が進んでいて、バスの車中もWi-Fi完備。飲食店では、自分のスマホからインスタグラムでオーダーするシステムが導入されていたり。スマホ1台ですべてが済む、ものすごく便利な社会になっていました。

その反面、専用のアプリをダウンロードする必要があるなど、スマホを使いこなせない高齢者や海外からの旅行者には、ちょっとハードルが高いかな、という印象も受けました。

 

ゴミがない!街が驚くほどきれいになった

そして、何より変化を感じたのは、ソウルの街がきれいになっていたことです。少し前までは、小道を入ってちょっと裏へ回ると汚い建物や不法投棄が多い場所もあったのですが、今回そんな場所はほとんど目にすることはありませんでした。

コロナ前のソウルは、こんな感じに路駐や回収ごみが路上にあふれていることも多かった。

歩きタバコをする人やゴミを捨てる人が減ったせいか、歩道もきれいでした。

 

「性、暴力、麻薬・・」BLACKPINK ジェニーのドラマデビュー作が心配される理由

 

駐車の取り締まりが活発になっている影響で、あんなに道を埋め尽くしていた路上駐車も激減。もともと広かったソウルの道路が、さらに広く見えました。狭い路地に入ると、路上駐車がぎっしりなんてことが過去にはあったのですが、今回はそんな場所もほとんど見かけませんでした。

 

江南周辺。路駐車もほとんどなく、歩道にも道路にもゴミがないことに驚いたという。写真提供/ジン

車に乗っていて気づいたのは、子どもの保護区域が増えたこと。これは日本のスクールゾーンみたいなもので、子どもの歩行が最優先されるエリアです。少し前に法律が変わって、ここで事故を起こすと無期懲役など厳重処罰されるようになりました。特別な防犯カメラがセットされている場所もあって、子どもなどが飛び出して来た際には、早めにモニターに映ってドライバーに知らせるといったシステムが導入されているところもありました。

 

実家へ帰る途中の景観も私の記憶にあった店はほとんどなくなり、全然違う新しい店舗になっていましたね。3年留守にしただけで、よく知る街並みがガラっと変わっていたことに驚きました。

江南の土地価格=坪1000万円超え!

物価も上がっていました。もともと韓国は毎年5~6%くらいずつ物価が上昇しているのですが、比例して給料も上がっているため、みんな「そのぶん頑張って働けばいいや」くらいの反応で慣れっ子になっています。

 

ガソリンの価格も上がっていて、私が帰った時期は日本より割高の190円くらいでした。が、もっと高かったのは軽油です。なんとリッター220円。ガソリンよりも高い。それには理由があって、韓国でももちろん以前はガソリンのほうが高かったのですが、最近、世界的なガソリンの高騰を受けて政府がガソリン税を下げたんですね。その結果、軽油のほうが高くなってしまった。こんなこともあるんだなとビックリしました。

当然、不動産も値上がりしています。「江南(カンナム)」の土地価格は、とうとう日本円換算で坪1000万円を超えてしまいました。高級マンション、オシャレなレストランやショップ、高級風俗、ナイトクラブ、文化施設に裁判所など、必要なものすべてが江南に集まっているという印象です。

 

そして、これまでは絶対に値上げしなかったものまで値上がりしていました。

 

庶民が愛してやまない「焼酎」です。少し前は1本(360ml)約300円程度だったものが、地方で400~500円、ソウルだと600円もします。また、妻のJちゃんの実家は地方なのですが、皆でちょっと高級な焼肉を食べに行ったら、1人前が約8000円でした。以前に比べ、1000円近く値上がりした印象です。地方で1000円の値上げは、なかなかすごいと思います。

ちなみにJちゃんのお姉さんはソウル近郊の地方都市に住んでいますが、子どもを英語教育の幼稚園に通わせていて、毎月の授業料に38万円かかると言っていました。金額もすごいですが、そもそもそれを払えているのがすごい。私もJちゃんも、「む、無理~!」と顔が引きつっていましたよ(笑)。でも、お姉さんの家が特別お金があるわけではなく、それぐらい教育費にかけている人が多いようです。

資産運用の話で盛り上がる友人たち

友人たちの激変ぶりにも衝撃を受けました。これまで「韓国は住みづらい」とか「お金もないのに物価ばかり上がっていく」とグチばかり言っていた面々が、それぞれかなり余裕のある暮らしをしているのです。会話の内容も「株は今なら〇〇に投資するのがいいよ」とか、「あそこの街は再開発が決まっているから、不動産を買うならチャンスだよね」といった資産運用の話ばかりで、まるで投資家の会合みたい(笑)。

投資には一切興味がなかった友達まで、「数年前に8000万円で買ったマンションが値上がりして1億1000万円になった。その差額をね……」みたいなことを言い出す始末。ぼんやりしているのは私だけで、みんな真剣に将来設計を考えているのです。焦ると同時に、「私も頑張ろう!」と大いに刺激を受けました。

「私も頑張ろう!」と大いに刺激を受けました。

とにかく不動産投資。みな不動産以外にも何かしらの投資をしているという。photo/iStock

今回、現地で会った人が頻繁に言っていたのが、「韓国は今、ものすごい勢いで変化している。1日で状況が変わることもあるので、しっかりついていかないと取り残される」ということでした。

「失業率が高くて給料が安いのは政府のせい」とか「ヘル朝鮮(※)だよ」と、口を開けば不満ばかりだった同世代の仲間が、「頑張れば良い暮らしができる。すべては自分の努力次第!」とポジティブになっている。もしかしたら上の世代には、相変わらず後ろ向きなことを言っている人もいるかもしれませんが、少なくとも私たち30代の意識は以前より高まっていると感じました。

※ヘル朝鮮/厳しく生きづらい韓国社会を、ヘル=地獄のような朝鮮と自嘲した言葉

賑わっていた明洞(ミョンドン)はシャッター街

もうひとつ、大きな変化があったのは明洞です。かなりの店が閉店していて、閑散としたシャッター街と化していました。街をうろうろしているのは、日本や中国から来た観光客のみ。韓国人はもう明洞を見限っているんですね。海外からの観光客を頼りにしていた街が、コロナ禍で客足が途絶えたまま回復できていない印象を受けました。

以前は観光客で華やいでいた「明洞」がシャッター街に。海外からの観光客が必ず立ち寄ったというLINE FRIENDSのショップも閉店していた。写真提供/ジン

店をやっている人も、再び活気を取り戻そうと努力するというより、明洞を捨てて違うエリアで巻き直しを計ろうとしている人が多いんですね。なので街は廃れていくばかりです。

ちなみに今回、行って楽しかったのが「乙支路(ウルチロ)」という場所。明洞と東大門(トンデムン)の中間にあって、お父さんたちが仕事帰りに一杯やるような庶民的な店が多いエリアです。ここで行列ができている居酒屋に入ったのですが、その店のメニューがすごく美味しくて。干しスケトウダラをあぶったつまみをかじりながらビールを飲むと、思わず「最高!」と言いたくなります。非常に活気があるエリアで、明洞とは全然違う雰囲気でしたね。

通好みなグルメスポットの『乙支路』。不思議な賑わいを見せていたという。写真提供/ジン

とはいえ、Kpopブームが最盛期の今、トレンドなのはやっぱり「江南」、そして学生街の「弘大(ホンデ)」、ドラマでおなじみの「梨泰院(イテウォン)」。この3つのエリアは周辺の街を含め、ものすごく盛り上がっています。なのでこれから韓国に行く人は、あちこち回るのではなく、これらのどこか1つの場所にとどまって、じっくりと街を探索してみるのも楽しいと思います。