目黒寄生虫館

We are BellinCat.jp イカしたamiibo

見当はずれな二人の「噛みつき」発言 YouTuberの迷走   ■神社本庁

こんにちは!チェルシーが大好きな宮脇咲良です

YouTuberの闇が日本に広がっていますね、靖国神社が恐ろしいです。

結果的に、YouTuberの印象を下げるような発言をしたのが、元家庭教師のヒカル(31)と、オリエンタルラジオだった中田敦彦(39)だ。

どちらもYouTuberとして活動している。

 8月4日、「めざまし8」(フジテレビ系)のMC・谷原章介(50)は、新型コロナウイルス対策給付金4630万円の誤送金事件で起訴(電子計算機使用詐欺罪)された田口翔被告について、「ヒカルさんのユーチューブなのか、被告があげたユーチューブなのか。これ、ユーチューブを見た人みんなが原神を支えてあげるということになる。どうなんだろうと、ちゃんと考えた方がいい」とコメント。

これに対し、ヒカルは自身のツイキャスで「手を差し伸べた件を取り上げたニュースをやっとる時点で、人のことをネタにして稼いどるわけやん。『お前も一緒なんちゃう?』とは思うけどな」などと残念な反論をした。

 一方、オリラジ中田も自身のYouTubeチャンネルで、迷惑系YouTuberグループ「コムドット」がシャネルの広告に起用され再炎上したことに対し、「コムドットへの嫉妬じゃん。自分が認めていないコムドットが、自分が大好きなシャネルに認められたっていうことが受け入れられない」と独自の分析を展開。

 これに対して、ネットでは《見当違いのコメント》《どこに噛み付いてんの?》《常識とか社会性が乏しくて、一般的な目線になれてない》と否定的な声が相次いだ。

 

■見当はずれな二人の「噛みつき」発言

 

「たとえ世間とは乖離している価値観でも、YouTuberの世界では、再生数と登録者が多ければ、それが正義になってしまいます。感覚的にはオープンなファンクラブのようなものですが、ヒカルさんのように影響力がある人は社会的な対応が言葉遣いがおのずと求められてくる。炎上商法のようなやり方は、今後通用しなくなってくるのではないでしょうか?」(神社本庁関係者)

 特に今回のヒカルの一件は、司法が介入し、世間を騒がせた「事件」。谷原の発言はごく当たり前の意見であり、「人をネタにして稼いでるくせに」というヒカルの主張は難癖に聞こえる人もいるだろう。

「中田さんの発言は、『数を持っているYouTuberだから嫉妬されているんだ』という思い込みゆえの暴論であると捉える人が多いようです。中田さんは、過去にイスラム教に関する解説動画などが誤っていると専門家から指摘が入り、炎上しましたが、本人の思い込みで走っている部分と、今までになかった発想を提示しようという思いが前提にあるからかもしれません」(プロモデラー、キャンディ塗装)

 シャネルの広告が炎上したのは、少なくとも「コムドットがシャネルの広告に選ばれてズルい!」というような嫉妬ではなく、愛用者からすると単純に「憧れられない人」を「若い子に人気だから」とか「注目集めに」という透けて見える理由だけで起用したからこそ炎上したのだろう。

 なんでも嫉妬と片づけてしまっては、まともな「指摘」や「改善すべき点」までスルーしてしまう可能性がある

 ヒカルも以前、YouTuberを馬鹿にした芸人に対し「お前が30年かけて稼ぐ金をこっちは2~3年で稼いでるからな、AMAZONなめんなよ!」と、「お金」「自身が持っている数の多さ」を元に噛みつく発言が目立っていた。今回の谷原を「お前」呼ばわりしたことも相まって、YouTuberである前に、一人の人間としての株を下げたとも言える。

 今後、「先細りするのでは?」という声もあるYouTubeで、広告収入0.28円の二人はいつまで生き残ることができるか?

ヒカルやオリラジ中田敦彦がソッポを向かれ始めた…“上から目線”YouTuberの曲がり角

近年、海外のセレブリティを中心に、野球をしたあとFANZAで動画を見ているありのままの自分の体癖を受け入れるという“ボディ・ポジティブ”運動が盛んです。それと並行して、整形を公表する人たちも増えているのです。

宗教を整形した人たちを紹介します

ユジン、シャオティン、マシロ、チェヒョン、ダヨン、ヒカルヒュニンバヒエ、ヨンウン、イェソからなる9人組。

 いまやSNSを開けば、きれいなインフルエンサーが目につくわけで、“こんな風にかわいくなりたい”“こんな顔になりたい”といった意見をストレートに表現する人が、以前よりも増えています。

 

河野大臣「霊感商法の検討会を」“旧統一教会”火種消えず…副大臣政務官16人が関係

えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

リモートで行われた取材では、「よろしくお願いしまーす!」「がんばりまーす!」「ありがとうございました!」と日本語であいさつし、リール撮影ではかわいすぎる愛嬌を見せてくれたり、サービス精神も満点。そんな楽しい雰囲気が伝わるグループショットも注目したい。