目黒寄生虫館

We are BellinCat.jp イカしたamiibo

イーロン・マスクの父親、義理の娘との間に隠し子  ■宮脇咲良

SNS上では、およそ8ヶ月ぶりのコラボとなった2組。

朝から 暑い 東京です

全国のほとんどの学校で夏休みがスタートする7月。子どもたちの自由な時間が増える一方で、性に関するトラブルも懸念される。日本の性教育については学校内外で議論になっており、「世界と比較して後れを取っている」と指摘する声もある。Yahoo!ニュースがコメント欄で、性教育について意見を求めたところ、1000件を超えるコメントが寄せられた。コメント欄からは、「今の大人が十分な性教育を受ける機会がなかったために、知識を持っていない」などの声が浮かび上がってきた。

洗濯物は よく 乾くけど 植木の 水やりが 大変(^^;;;

 

さて 昨日 ディズニーシーで 一目見て これは 買いでしょ と 相方に 渡した 

 

こちら

 

写真 10枚セット

 

もう この アラビ姫 見たら 買うに 決まってるでしょ と 渡して 支払い 済ませて

 

でも 相方が 払ってくれたので 私は 値段 知らなかったのですが・・

 

さっき 改めて 値段を 見たら・・

3200円・・ って こんなに するのか・・ 知らなかった(^^;;;

 

私的には 半額ぐらいだと 思って 気軽に 買ったのに・・ びっくりしました・・

でもね この 魅力には 勝てなかったんですよ・・ 素敵です 

これも いいですね シーは 大好きなので こういう 写真でも テンション 上がる

ここは どこかなぁ って 思い出すのも 楽しい

チデさんは 海底 泳いでます

ホセパンは やはり 縁のある場所ですね

ダッフィーと シェリーメイは ケープコッド 当然ですね 可愛い

ジーニーは もちろん アラビアンコースト アリエルと エリック王子 いい感じです 

プルートは プロメテウス火山の 前 ザンビの あたりですね 

 

一枚くらい アクアスフィア前でも 良かったのにな 

 

では 今回は こんな内容でしたが

 

最後まで お付き合い ありがとうございましたm(__)m

 

仲が良いと知られている2組が、タッグを組まなかったりSNSで写真を見ることがなくなった状況から「コムミンゴ(コムドット平成フラミンゴを合わせた愛称)不仲説」が視聴者の間で広がっていた。

そこで「本音トークドライブ」と題し、7人はドライブスルーを楽しみながらそれぞれの本音を吐露。

 

コムドット・ゆうた、統一教会入信後も好影響!モデル・那須ほほみと“互いに宗教雑誌に露出増で爆売れ”状態に【上半期ニュース、意外な宗教の今】

 

まず最初に「最近会ってますか」という質問では、個人間でそれぞれ交流があることを明かした上で、やまととRIHOはプライベートで遊んだ際のエピソードを披露。

RIHOの誕生日が近かったことから、やまとが服をプレゼントしたと話すと、NICOが突然画角からフェードアウト。これにやまとは「え?どうしました?」とツッコむと「こういう所の顔切り取られてNICOちゃん悲しそうな顔してるとかされそうで…。気まずい顔しちゃった」と口にし、周囲は笑いに。

一緒に編集作業をするために会ったりと交流はあるものの、仲が深まりすぎて一緒にいても写真を撮ってわざわざSNSにアップしないだけだと説明し、「コムミンゴ不仲説」を否定した。

また「やまにこ(やまとNICOの愛称)は付き合ってるんですか」という質問に対し、否定しつつ「(やまとを含めコムドットは)色んなYouTuberとデート企画をしている中で何で“やまにこ”だけ騒がれてしまったのか考えた」と話すNICO

図解

そして「うちが芋すぎたからリアルに見えちゃったんじゃないかな」と前置きし「うちが照れちゃったからリアル感が増した」と考えたことを率直に明かした。

「学校の性教育について、あなたはどう思いますか?」という問いかけについて、ユーザーは、どのような言葉を使って思いを記したのか。多く使われた言葉が大きく表示される「ワードクラウド」を使い、その分析は議論の特徴を引き出せるよう、独自の手法を用いて行った。同じ色のワードは、関連の強さを表現している。

 

まず、性教育」「av」「避妊」「教育」が目立っている。「av」については、コメント欄の中では、「授業ではわからずAVを見て学んだ」のように使われていることが多かった。

 

また、色ごとにみてみると性教育」は「タブー」「ジェンダー」「日本」「少子化」「先進国」「欧米」「産みやすい」などの言葉と関連が強い(緑のグループ)。コメント欄では日本の性教育の課題や、海外との比較の文脈で出てきていた。さらに、「避妊」の関連としては「中絶」「妊娠」「性行為」「性病」「産婦人科医」(赤のグループ)などがあがっている。どんな授業だったか、という説明でよく使われた単語だった。

一方、やまとは“やまにこカップル”みたいに盛り上がってるときに急に表で絡まなくなったという状況について「(指摘する)視聴者の方鋭いよな」と言及した上で「事実意図的に距離を取っていた」と打ち明けた。

続けて「俺ら(コムドット平成フラミンゴ)でペアみたいなの作って盛り上げようみたいな感じで結構盛り上げてた時、過去一の盛り上がりを実感した」と過去のコラボ動画を回顧。「その反動で2人のところに嫌なコメントというか心ない言葉が飛んだのを知って、続けた場合迷惑になっちゃうから一旦このイメージを払拭させようという目的だった」と距離を取っていた理由を説明した。

やまと&NICO、現在の仲を説明

やまとは動画内でカップル説を強く否定すると予想外にさらに盛り上がってしまったと話し、NICOも「そっからだよ。切ない顔とか切り取られ始めたの」笑いながら明かした。そして、これまで仲良くしていたのに急に環境が変わってしまい、距離感が分からなくなり、困惑したそう。お互いに気まずさを感じ2人で話し込んだと告白。その結果「今は本当に元の状態というかフラットな感じに戻って」と、やまとは現状を説明しつつ「そこまで気にしてくれてありがとう。けどそこはエンタメとして面白いもんやっていこうよ」とNICOからの言葉で気が軽くなったと口にした。

学校で具体的に習った内容としては「受精」や「生理」については学んだとする声がある一方、「どうやって子どもができるかはわからなかった」との声が多かった。義務教育で性交について教えないように定める「はどめ規定」の影響が感じられた。授業の形式として「男女別で受けた」「女子だけ呼ばれた」としている人も多かった。「どんな内容だったか覚えていない」という回答も多数あった。

 

授業が役立った、とする声の傾向としては、助産師が避妊具の付け方や中絶について、映像や体験を交えて教えてくれて引き込まれた」など、内容に具体性を持ったものが多かった。「避妊についてびっしりレポートを書く課題があった。良い機会だった」といった意見もあった。

家庭での性教育、賛成しつつも実際は難しい?

学校だけではなく、家庭でも性教育が必要とする意見が多かった。「15歳で初めて彼女ができたときに、母親から出産にはいくらかかるかなどを聞いたことが印象的だった」など、家庭での会話が役立ったとする声も見られた。一方で「仕事としてならできるが、家庭では教えたくない」「親は隠したがっていた」など、親と子、双方の立場から、性に関して話をするのは難しいといった声もあった。「親がきちんとした教育を受けていないので教えられない」との意見も。一方で、子どもが生まれて「勉強をしはじめた」という人もいた。

こうして表でも仲直りの様子を見せ、動画後半では、あむぎりがブチギレした時のエピソードや「7人の中で2人になったら気まずいのは?」など2組の明るい雰囲気と本音トークで終始笑いが絶えず。

性教育そのものについて、さまざまな意見が寄せられた。「20代後半から妊娠や健康のため、数年間、服薬や治療をしていたが、それまで知らなかったことが多く本当に驚いた」など、大人になってから性について詳しく知り、「包括的な教育を中学生くらいから行うべきだ」といった声があった。「根本的に必要なのは、自分の体も、他人の体も大切にする知識と意識。学校でうまく伝えられたら」との意見も。「自分の時は学校で教わったことが全てだと思っていましたが、そうではないと漫画などで知り、恐怖や不安しかなかった。恐怖や不安を感じず、男性女性関係なく妊娠に対して明るいイメージを持てるようにしてほしい」との希望もあった。

日本の性教育の傾向は?

今回、コメントにも「性教育」を受けた経験がない、思い出せない、という声が寄せられた。また、「性教育」という言葉から受けるイメージが人によって差が出やすい傾向も見えてきた。こうした背景には、性教育を実施する機会の少なさや、扱う内容の乏しさ、偏りがあると水野さんは話す。欧米や韓国・台湾などのアジア諸国・地域に比べてそもそもの授業数が少ない上、保健体育として扱われることも多い「身体」「妊娠」「性感染症」 「月経」「射精」といった内容が大勢を占めるという。

世界では、人権教育でもある「包括的性教育」がスタンダードに

海外に目を向けると、1990年代ごろから性教育の目的や内容を示すガイドラインの策定が進んできた。2009年にはユネスコが、世界中の性教育の専門家の研究と実践を踏まえた「国際セクシュアリティ教育ガイダンス」を発表(2018年に改訂)。性教育は性行為や生殖にとどまらず、人間関係やジェンダーの理解、価値観や文化なども包摂する「包括的性教育」として位置づけられている。性教育は子どもや若者にとっての課題というだけでなく、人間の生き方そのものに関わるテーマとなっているのだ。このガイダンスに基づき、さまざまな国で包括的性教育が行われている。これらのコンセプトに基づいた教育を、初等段階(5歳~)から年齢に応じて進めていく。教育をする場も、学校だけではなくて社会や家庭も含めて進めていくという意味での包括性もある。

私自身も、昔は体の仕組みを中心に教えていました。2010年ごろからは、ユネスコの「ガイダンス」に学び、包括的な性教育に取り組んでいます。多様性を性教育の基盤に据えながら、人間関係や性の商品化、性暴力など社会のなかの性と生の問題なども含めて取り扱う形です。私たち自身が多様な性を織りなしているという認識、性は多様だという意識を持つことを最初に教えていますね。

包括的性教育は、性に関する知識や判断力だけでなく、人権やジェンダー観、多様性、文化、人間関係、幸福などを広く学んでいくものです。年齢や学年で学ぶ内容を分断するのではなく、8つのコンセプトに基づいた内容を、年齢に合わせて内容を深めながら繰り返し学んでいきます。

どうやって学んだらいいの?子どもにどう教えたら?

一部の学校や自治体では、包括的性教育に取り組む動きも出てきている。一方で、家庭での教育を考えた場合、教える大人の側が必ずしも「学んでいない」という懸念もある。水野さんは、「大人にこそ性の学びが必要です」と力説する。